現預金残高に関する財務戦略のコラム一覧

カテゴリー: 現預金残高に関する財務戦略の記事一覧

現預金残高は財務の基本中の基本であり、財務戦略の中核とも言える要素です。現預金残高とは、そのまま会社が今すぐ使える現金のことを指します。現預金残高はおおよそ月商の3ヶ月分以上あることが財務的に強い会社を作る必要条件になります。この月商の3ヶ月分の現預金残高をいかに維持するか、または現預金残高を維持するためにいかに資金調達力の強い会社を作るかが、財務戦略なのです。

例えば売掛金として1億円があったとしても、今現預金残高がなかったら企業として何も活動ができなくなってしまいますし、最悪の場合は倒産してしまうこともあります。

このように、売掛金があるのにもかかわらず、返済遅れが2回続き黒字倒産をしてしまう企業が年間倒産数の半分以上を占めていることからも、いかに経営者が財務の知識を知らないかが分かっていただけるかと思います。

財務はいかに高収益な企業を作るかよりも、いざという時に潰れにくい盤石な財務体制を作るスキルです。そのため、この現預金残高をいかに保ちながら、企業として成長を続けていけばいいのか、そのノウハウについてはしっかりと理解しておく必要があります。

ここでは、そんな財務において最も重要な現預金残高の基本的な考え方や、現預金残高をどのように保っていくのかのスキルや、現預金残高を調達できる資金調達のノウハウ、金融機関とのうまい付き合い方などを解説していきます。

財務でお悩みの経営者へ

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略