創業・起業時の適切な資本金とは

2017/03/21

創業・起業時の適切な資本金とは

前回「自己資金が無い経営者(社長)でも会社が設立できる」って湯原先生はおっしゃっていたんですが、それはなぜですか?もう気になっちゃんって気になっちゃって大変だったんですよ。

人物アイコン

そんなに気になっちゃってたんだね。ごめん、ごめん。実は資本金は1円以上であればいくらでも会社は設立できてしまうんだよ。

人物アイコン

えーっ。1円で会社を設立ですか?なんか現実味ないですね。

人物アイコン

実際には設立登記をする時点で、お金が1円以上かかってしまうから、実際には1円以上のお金がかかってしまうんだけれど、資本金を1円として会社を設立することはできてしまうんだよ。

人物アイコン

そうなんですね。それであれば自己資金が無い経営者(社長)であっても会社が設立できてしまうという訳ですね。

人物アイコン

そういうことなんです。まぁ色々とメリット、デメリットはあるんですが…。

人物アイコン

実際に、資本金はいくらぐらいにしておくのが財務的に正解なのでしょうか?

人物アイコン

いくらが正解ということは無いんですが、財務的に資本金の額によるメリット・デメリットはありますね。まず、資本金が1000万円未満の場合、消費税の納税免除というメリットがありますね。創業当初は消費税の納税免除を受けるために、資本金を1000万円未満にする会社がほとんどです。たとえ自己資金が1000万円以上あったとしても資本金の額は900万円とかにしていることが多いですね。これは、財務の面からみても「そうすべきだなぁ」と感じます。

人物アイコン

POINT!

  • 資本金が1000万円未満の場合消費税が最大2期免除される!

次に資本金が少額だった場合には、どうでしょうか?例えば100万円とか。

人物アイコン

1000万円未満で、税金免除もできるし最初だったらこれくらいの資本金で問題ないのではないですか?

人物アイコン

これはその会社の業種によって良いか悪いかが変わってくるんですが、要するに100万円の軍資金で事業がスタートできるのか?ということが問題なんです。例えば飲食店などは店舗を造ったり、改装費や機材、食材など費用がかかってくるので、100万円の軍資金では到底足りません。仮に、100万円の軍資金で事業をスタートできたとしてもすぐに資金が底をつき追加でお金が必要になってきてしまいますよね。

人物アイコン

確かにそうですね…。

人物アイコン

すぐに追加でお金がいるのであれば、ある程度先を見越して資本金の額を上げておいた方が良かったのでは?と思ってしまいませんか?

人物アイコン

そうですね。でも、当初の資本金では資金が足りなくなったらその都度追加していくというのはあまりよろしくないんでしょうか?

人物アイコン

その場合には会社が社長(役員)からの借入金として処理されますし、資本金(軍資金)が足りなくなったということは、会社にとってはおおよそ赤字になっているということなのでしょう。これは少額資本の会社の創業期にはよくあることなのですが、想定どおりに事業が拡大せず赤字経営となってしまった、その結果資本金の額以上の赤字計上となり、債務超過に陥ってしまったというケースです。

人物アイコン

すいません…債務超過って何ですか?

人物アイコン

債務超過というのは、簡単に言えば会社の繰越損失額が資本金を上回っていることを言うんだよ。この場合には、残念ながら金融機関からの融資は見込めません。会社を経営するのであれば、債務超過は何がなんでも避けるべきものなんです。少額資本の場合には、額が低い分、比較的すぐに債務超過になってしまいやすいので十分に注意が必要です。

人物アイコン

じゃあ資本金が1円の企業なんて大変ですね…。

人物アイコン

そう。そこが少額資本のデメリットだね。

人物アイコン

それでは1000万円未満でできるだけ大きな資本金にしておいた方が良いということですね。

人物アイコン

それがそうとも限らないんだよ。

人物アイコン

えっ…もう何が良くて悪いのかがよく分からなくなってきちゃいました。

人物アイコン

そうだよね。確かに1000万円未満でできるだけ大きな資本金にしておいた方が、債務超過のリスクからは遠ざかるかもしれないけど、自己資金の大半をつぎ込んだとしたのであれば、今後の自分の生活費は給与(役員報酬)に頼らざるを得なくなるよね。そうすると毎月役員報酬という経費が発生してくるので、赤字転落の可能性が出てきます。

人物アイコン

なるほど…。

人物アイコン

逆に少額の資本金に抑えておけば、手元資金にその分余裕が出来て、極端な話をすれば最初の1年間は会社から役員報酬を取らなくても、手元資金を切り崩して生活費に充てることが可能になります。そうすれば会社経費を削減でき、黒字決算の可能性が高くなります。その半面、万が一赤字決算となった場合、債務超過の可能性が大きくなる訳です。

人物アイコン

資本金の額って、そういう事も見越した上で決めなければならないんですね…。

人物アイコン

そうなんですよ。ただ、設立にこれだけかかるから…という理由だけでは資本金の額は決められないんです。具体的には、いま自己資金がいくらあり、設立1期目の売上・利益はいくら位が見込め、かつ自分の生活費は毎月これくらいはかかるはずだから…といった計画を立てていかなければ資本金の額は財務的に決められないんだよね。

人物アイコン

なるほどですね。会社を設立しようとする方の状況や、ビジネスモデルなどによっても大きく変わってきてしまうため、一概には「資本金の目安」は出せないということなんですね。勉強になります。

人物アイコン

本日のまとめ

  • 創業する際の資本金は1,000万円未満にする(1,000万円未満の場合、最大2期の税金免除となる)
  • 資本金は自己資金額や設立1期目の見込み売上・利益、自分の1ヶ月の生活費、そして次の少額資本金のメリットデメリットを考慮した上で決めよう。

表1,少額資本金のメリット・デメリット
メリット デメリット
・手元資金を柔軟にやりくりできるため赤字になりにくい ・債務超過になりやすい
・銀行からの融資を得にくい
・取引先からの信用を得にくい
財務でお悩みの経営者へ

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略