高い売上総利益率よりも、正しい売上総利益率

みんなの財務|経営者のための情報サイト

財務に強い経理担当育成スクール
2017/03/21

高い売上総利益率よりも、正しい売上総利益率

前回の「売上高」の講義で「売上総利益率」という言葉が出てきたと思うんだけれども、今日はこの売上総利益率について考えていこう。

人物アイコン

えっ、売上総利益率っていわゆる売上の中に占める利益の割合のことですよね。

人物アイコン

その通り!さすが、ちゃんと勉強しているね。売上総利益は粗利益(あらりえき)とも呼ばれていて、70円のものを仕入れて100円で売った。利益は30円でした。その時の売上総利益率(粗利益率)は30%ということだよね。

人物アイコン

そうですよね。その売上総利益率について他に知っておいた方がいいことがあるんでしょうか?

人物アイコン

それがあるんですよ。じゃあ一つ純ちゃんに質問だ。売上総利益率は高い方がいいでしょうか?それとも低い方がいいでしょうか?

人物アイコン

それは、もちろん高いに越したことはないのではないでしょうか?

人物アイコン

残念でした。

人物アイコン

えーっ。利益率は低い方がいいんですか?

人物アイコン

それも違います。正解はどちらでもありません。

人物アイコン

意地悪な質問をしないでください。一体どういうことなのでしょうか?

人物アイコン

実は、売上総利益率は業種によってある程度相場が決まっているものなのです。たとえば理美容業が90%、飲食業が70%といった具合です。だから売上総利益率が高いか低いかは正直あまり財務上重要ではないんですよ。実践経営において重要なことは「売上総利益率(粗利益率)に応じた税引前利益率を計算して、しっかり残していますか?」ということなんですよ。

人物アイコン

それは…会計事務所の方がしっかり計算してくれているものなんじゃないんですか?もしかして計算間違いをしてしまうケースが多いとか…。

人物アイコン

いえ、そうではないですよ。足し算や引き算という点では間違いなく計算されています。じゃあここで1つ質問です。売上総利益(粗利益)はどうやって計算されるものでしょうか?

人物アイコン

それは簡単ですよ。売上高から売上原価を差し引いたものです。

人物アイコン

そうですよね。では、売上原価とは一体何に使ったお金のことでしょうか?

人物アイコン

仕入れ代金とかじゃないですかね…?

人物アイコン

仕入れ代金だけですか?

人物アイコン

うーん。それ以外思いつかないですね…。

人物アイコン

では、商品を仕入れてから、売上と利益が出るまでのプロセスを考えてみてください。

人物アイコン

えっと、商品を仕入れて、それでお店で販売して、売れたら売上と利益がでますね。あっ!

人物アイコン

気づきましたか?売上や利益を上げるためには商品を仕入れるだけではダメですよね。仕入れた商品を店頭で販売して、売れて初めて売上と利益になるわけです。

人物アイコン

なるほど。その会社の仕入れから販売までほよく把握してみると売上原価って商品の仕入れ代金だけではないことが良く分かりますね。

人物アイコン

そうなんです。例えば仕入れた商品を保管しておく倉庫の費用や、倉庫から店頭に運ぶための輸送費なんかも売上原価に入るよね。たとえば商品を原価の30円で仕入れて、100円で販売したとするよね。売上原価イコール仕入原価だと思っていると、この利益率は70%になる。でも、実際に倉庫から店舗までの輸送費が10円、倉庫の保管費用が10円かかっているのだとすれば、正しい売上総利益率は50円、つまり50%ということになるよね。これだけで会計上の利益率と実際の利益率の差が20%も生まれてしまう。この商品を10万個、20万個単位で仕入れるとなると差は相当額になるよね。

人物アイコン

チリも積もれば山となるってことですね。

人物アイコン

そういうことだね。それに気づかずに見かけ上の粗利益率ばかりを見ていたら、後々に思わぬところで足をすくわれることになってしまうんだ。

人物アイコン

確かに!粗利益率70%と喜んでいたら、意外とそうでもなかった、なんてことが起こるんですね。

人物アイコン

そうだね。だから大切なのは、売上総利益率ではなくて、売上総利益率に応じた正しい税引前利益率を計算することだということに気づいて欲しいんですね。そうでないと、目標とすべき税引前利益率を見誤ってしまうことになりかねないんです。正しい粗利益率を知ることで目標とすべき税引前利益率を知る。これが結果として金融機関からの良い評価にもつながってくるんです。

人物アイコン

表1,これまでの経理処理と正しい認識に基づいた経理処理の違い
これまでの経理処理 正しい認識に基づいた経理処理
売上高 100 100
売上原価 30 50
粗利益 70 50
粗利益率 70% 50%
固定費 50 30
営業利益 20 20
税引前利益 7 7
税引前利益率 7% 7%
目標とすべき税引前利益率 10% 7%
金融機関評価

一番最初の質問で「利益率が高いか低いかはどちらでもいい」と言ってた真意はそこにあったんですね。なんだか、感動しました!

人物アイコン

机上の勉強と実践経営の財務はまったく違うということが少しは分かってきたでしょ?

人物アイコン

はいっ!もっと財務のことを勉強したくなりました!

人物アイコン

いいね!どんどん私の財務の知識を教えていくから、その調子でどんどん勉強していこうね!

人物アイコン

はい!よろしくお願いします。

人物アイコン

本日のまとめ

  • 高い売上総利益率よりも、正しい売上総利益率を計算することの方が財務として重要
  • 正しい売上総利益率を計算することで初めて目標とすべき税引前利益率が見えてくる。結果として金融機関の良い評価にもつながってくる。
財務でお悩みの経営者へ
財務スクール

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略