融資に関する財務戦略のコラム一覧

カテゴリー: 融資に関する財務戦略

企業の経営は融資なしには語れません。それほど融資は企業が事業を行っていくために必要不可欠なものなのです。また、財務の基本は現預金残高をいかにして維持するかということです。そのため、現預金残高を保つ1つの資金調達方法として融資は財務上とても重要です。

また、創業時は日本政策金融公庫の新創業融資や保証協会付融資、経営が軌道にのってきたらプロパー融資など、融資にも様々な種類があり、また、金融機関にも日本政策金融公庫、信用金庫、商工中金、地方銀行、メガバンクなど企業の売上規模などによって融資をしてくれる金融機関やその金額なども大きく変わっていきます。

また、融資に際しては金融機関側も企業のあらゆる面を調査して融資の可否を決定しますので、私たち経営者側も金融機関から良い評価を受けるような経営に努めていく必要があります。

例えば、よくありがちなのが、創業当初からの過度な節税です。これによって利益が削られるため、金融機関側から「あまり利益が出ていない会社」という風にみなされてしまいます。そうすると、思ったような融資額を得ることができなかったり、融資を受けられなかったりします。

融資という資金調達をいかに多く得ながら、現預金残高を維持し、レバレッジ経営を進めていくことが経営においては大切です。ですから、経営者自身融資について、もっと勉強しておく必要があります。

ここでは、融資に対する考え方、実際の売上規模に応じた金融機関の選び方、創業融資が受けやすくなる方法や、融資の目標額の目安、金融機関がどのような視点で融資判断をしているかなど、実践的な財務視点で、現役CFOが融資の知識について分かりやすく解説していきます。

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略