ポイントはプロパー融資へのスムーズな移行

2017/03/21

ポイントはプロパー融資へのスムーズな移行

中田先生、先日会社を経営している友人からこんな相談を受けたんですが聞いていただけますか?

人物アイコン

もちろんいいよ。

人物アイコン

その友人の会社は先日設立4期目の決算が終了したみたいなんです。売上も2億円を超える規模で、今期は3億円を目指そうとしているみたいなんですが、毎月の資金繰りにアタフタしている感じがするということで相談を受けました。そういう時期ということなのでしょうか?

人物アイコン

でましたね!経営者が最初に直面する壁!売上高3億円の壁ってやつですよ!

人物アイコン

売上高3億円の壁?一体どういうことですか?

人物アイコン

ごめんゴメン。あまりによくありがちな相談だったからついテンションが上っちゃって思わず口から言葉が飛び出しちゃったんだ。

人物アイコン

もう〜中田先生!友人は真剣に悩んでるんですよ〜!テンションが上がるなんて不謹慎です。

人物アイコン

ごめんゴメン。じゃあ説明していくね。経営者になると必ずといっていいほど直面する壁がいくつかあるんだ。いわば登竜門のようなものだね。まず1つ目が創業時、そして2つ目の壁がちょうど売上高3億円超を目指そうとするタイミングなんだよ。

人物アイコン

なるほど。経営者にも越えなければならない壁があるんですね。

人物アイコン

そういうこと。経営をしていればいろいろなお金の流れがでてきます。たとえば売上に関しては売掛金が発生し、在庫も発生してくる。また、店舗を構えていれば設備造作や工具、器具、備品、それらの保証金もある。広告宣伝にとホームページを充実させるとソフトウェアの運営費も出てくる。いろいろなものにお金が出ていくんですね。

人物アイコン

確かに会社を経営するにあたってさまざまな投資が必要になってきますよね。

人物アイコン

そうですよね。このような会社の資産は、元々はみな現預金だった訳なんです。現預金が資産に化けているんですよ。それでは元の現預金はどこから来たのかと考えてみてください。どこから来たと思いますか?

人物アイコン

資本金でしょうか。

人物アイコン

もちろん最初はそうですね。しかし、この資本金だけでは足りない場合にはどこから来るでしょうか?

人物アイコン

借入ですか?

人物アイコン

そうだよね。資本金で足りない分は借入によって賄われていますし、利益を出して納税して自己資金から捻出している部分もあるでしょう。しかし、大半の経営者は節税しようと、大切な資金を一生懸命使っています。

人物アイコン

なるほど。

人物アイコン

例えば、決算期末前に少しでも利益を減らそうと生命保険の加入や普段はなかなか出来ないHPの制作やリニューアルなどを考える経営者って多いでしょ?

人物アイコン

たしかにそうですね。決算前に急に依頼がきたりすると知り合いのWebデザイナーさんが言っていた気がします。

人物アイコン

これでは会社の利益は減る一方です。金融機関側からすると利益の出ていない会社に融資をするのはリスクでしかありませんから、結局金融機関にとってリスクの少ない保証協会付融資しかできないという訳なんです。

人物アイコン

保証協会融資だけではダメなんでしたっけ?

人物アイコン

おっと!じゃあここでもう一度復習しよう。融資には、保証協会付融資とプロパー融資の2つがあるんだけれども、この2つの違いは何だったかな?

人物アイコン

えーっと、えーっと(汗)

人物アイコン

いいかい!保証協会付融資には8,000万円(※担保無しの場合)という融資額の上限があるということだったよね。

人物アイコン

そうでした…えへへ。

人物アイコン

保証協会付融資とプロパー融資について復讐しよう!
「売上3億円の壁を突破するために、知っておくべき借入金のコト」

たとえば売上3億円を目指すとしたら、この8,000万円の上限を越えた借入が必要になってくることが多いんだ。しかもこの時期は経営者が「もっと違う場所で、やり方で勝負したい」という欲が出て無理な投資をしたくなるタイミングだと以前お話したよね。

人物アイコン

はい。それで投資に失敗して、資金繰りが悪くなって、銀行に借入をしに行った時に始めて保証協会付融資に8,000万円の上限があるということを知り、一気に資金がショートしてしまいやすいということでしたよね。

人物アイコン

素晴らしい!ちゃんと覚えていたね。じゃあ、そうならずに売上3億円を突破するためには何が大事だと僕がいったか覚えているかな?

人物アイコン

うーん。保証協会付融資からプロパー融資へのスムーズな移行だったと思います。

人物アイコン

そうだね!プロパー融資は保証協会付融資と違って上限が無いから、売上3億円を突破して会社をより大きくしていくためにはプロパー融資への移行が必要なんだったよね。

人物アイコン

だから、プロパー融資の厳しい審査を通るためにも、利益を削れるだけ削る節税対策よりも、金融機関に「しっかりと利益が上がっている会社ですよ」と分かってもらうことが財務としては大切だということですね。

人物アイコン

その通り!まとめると、売上3億円を越えていこうと思うと、売掛金や在庫、固定資産といった投資が増えてくるので、自己資金だけでの経営におのずと限界がきてしまいます。借入金をうまく使って常に資金繰りをコントロールしていかなければ、資金が会社の成長スピードについていけなくなってしまう時期がまさに売上3億円なんですよ。ちょうど公庫と保証協会を併せて借入残高が1億円くらいになってくる時期ですからね。

人物アイコン

だから「3億円の壁」なんですね。

人物アイコン

その通り。だから財務をずっと見てきた専門家からしてみれば、純ちゃんのお知り合いのような相談は本当に「よくある話」なんです。だから思わずテンションが上ってしまった訳なんですよ。

人物アイコン

なるほど。そうだったのですね。

人物アイコン

とにかく、売上3億円が見えて来た段階で、保証協会がリスクを取ってくれる保証協会付融資から、金融機関自体がリスクを取る、上限のないプロパー融資にスムーズに移行できるかどうかが、その後の会社の成長曲線に大きな影響が出てくるのです。

人物アイコン

すごいです!早速知り合いの社長さんにこれを教えてあげなきゃ。

人物アイコン

ぜひ、そのお知り合いの社長さんにも売上高3億円の壁を突破していってほしいものです。

人物アイコン

本日のまとめ

  • 売上高3億円が見えて来たらプロパー融資への移行を考え始めよう。いかにプロパー融資への移行がスムーズにできるかが、その後の会社の成長を決める!
  • プロパー融資は保証協会付融資と違い審査が厳しい。金融機関の審査を通るためにも、節税で利益を削るのはやめよう。
財務でお悩みの経営者へ

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略