売上3億円の壁を突破するために、知っておくべき借入金のコト

2017/03/21

売上3億円の壁を突破するために、知っておくべき借入金のコト

今日は創業のための資金調達方法について学んで行こう。

人物アイコン

これから創業しようという人にとっては一番重要なポイントですね。

人物アイコン

そうだね。これから創業しようという人にとっては、活動資金は必要不可欠なものだからね。

人物アイコン

たとえば活動資金として500万円が必要になったとして、一体こんな大金をどうやって集めていけばいいんでしょうか?

人物アイコン

一般的に広く知られている中小企業の資金調達の方法は株式の発行だね。でも創業時ともなると会社の規模は小さく、社会的知名度も無いから、株式を発行しても誰も買ってくれない。

人物アイコン

それはなぜですか?

人物アイコン

だって、何の社会的信用もない、これから先存続するかも分からないような会社にお金を貸したり、株式を購入したりするのは非常にリスキーだと思わない?極端なことを言えば、道端でたまたま会ったおじさんに「1週間後に返すから1万円貸してくれ」と言われて貸してしまうようなものだよ。

人物アイコン

確かに、そうですね。でも、創業したての企業ってほとんどの場合がそれに該当すると思うんですが、その場合には一体どのように資金調達を行えばいいのでしょうか?

人物アイコン

ほとんどが金融機関からの融資だね。少額であれば他企業や個人からの融資によって資金調達していることもある。

人物アイコン

つまり借金ということですか?

人物アイコン

そうだね。このように株式の発行以外で調達したお金の事を借入金と呼ぶんだよ。一言に借入金と言っても「借り方」によっていろいろな種類があるんだけどね。

人物アイコン

借入金にもいろいろ種類があるのですか?私には借りたものは「借りたもの」としか思えないのですが…。

人物アイコン

確かに借入金には種類がいろいろあるけれども、借りたものは「借りたもの」という認識は個人も法人も一緒だよ。「返さなくちゃいけないもの」という認識もね。

人物アイコン

POINT!

  • 企業の資金調達方法は主に「株式・社債の発行」「金融機関などからの融資(借入金)」
  • 創業間もない会社は社会的信用が低いため、融資によって資金調達することが多い

じゃあここからは借入金の種類について説明していくよ。

人物アイコン

よろしくお願いします。

人物アイコン

借入金は「保証の仕方」によって「保証協会付融資」と「プロパー融資」の2種類に分けることができるんだ。

人物アイコン

「保証の仕方」ですか…?

人物アイコン

そう。お金を貸す訳だから、そのお金がもしも返せなくなったときはどのようにして返済するかを予め決めておく必要があるよね。これが「保証」の考え方。

人物アイコン

なるほど。その保証のやり方が「保証協会付融資」と「プロパー融資」では違ってくるということですね。

人物アイコン

その通り。まず、「保証協会付融資」というのは、各都道府県にある信用保証協会が、もし仮に返済出来なくなった場合に代わりに返済をしてくれるという保証の付いた融資なんです。

人物アイコン

もしもの時を考えると安心できますね。

人物アイコン

そうだね。その分、お金を貸す側の金融機関としても、倒産してお金が戻ってこないリスクを回避できるので融資をしやすくなっているんです。ただし、借りる側はこの保証協会に保証料を支払わなければならない。

人物アイコン

賃貸アパートを契約する時に支払う保証料みたいなものですね?

人物アイコン

そうだね。一方で、保証協会付融資とは対象的に、会社の倒産リスクを貸す側が全て背負って融資をするのが「プロパー融資」です。

人物アイコン

なるほどですね。貸す側は保証協会の保証がなくなる代わりに、それを保証人や不動産担保などで補ってリスク管理をしている訳ですね。

人物アイコン

その通り。当然貸す側のリスクが大きくなる訳ですから、その分貸出金利は高くなります。その代わり、保証協会付融資のように保証料を支払う必要はありません。

人物アイコン

今の説明を聞いただけでは、やはり借りる側としては保証料を支払えば融資を受けやすく、代わりに弁済もしてくれる「保証協会付融資」がリスクが少なくていいと思いました。逆に金利が高くなるのであれば、プロパー融資は避けるべき存在なのではないでしょうか?

人物アイコン

鋭い質問だね!確かに純ちゃんの意見にも一理ある。しかし、保証協会付融資には次の表のように借入金の上限があるんだ。一方でプロパー融資は企業の社会的信用度合いや担保にもよるけれども、そういった上限が特に設けられていない。その代わり借りる時の審査は保証協会付融資よりも厳しくなるけどね。

人物アイコン

表1,保証協会付融資・プロパー融資の借入金の上限の比較
借入金の種類 借入金の上限
保証協会付融資 担保のない企業:8,000万円以下
担保のある企業:1億8,000万円以下
プロパー融資 無制限

だから、ほとんどの場合は保証協会付融資を受けて創業することが多いんだ。創業時に金融機関から融資を受けづらい時に「保証協会付融資」というものを使うのが一般的だね。

人物アイコン

なるほど。融資が受けづらい場合には利息と保証料を支払ってでも「保証協会付融資」を受けて、手元の現預金を増やして、経営を始める。そして業績を伸ばして返済を進めながら徐々にプロパー融資というものにシフトしていく。もし融資が受けづらい場合はそうやって経営を進めていけばいいんですね。

人物アイコン

そうだね。

人物アイコン

POINT!

  • 借入金は「保証の仕方」で「保証協会付融資」と「プロパー融資」の2種類に分けられる。
  • 「保証協会付融資」と「プロパー融資」のメリットとデメリット
表2,プロパー融資と保証協会付融資のメリット・デメリット
借入金の種類 メリット デメリット
保証協会付融資 ・保証協会の保証が付いているため金融機関からの融資が受けやすい ・利息と共に保証協会に保証料を支払わなければならない
・借入金に上限がある
プロパー融資 ・借入金に上限がない
※社会的信用や担保による
・利息が高い
  • 本来はプロパー融資を受けたい。しかし、プロパー融資は審査が厳しいため創業時などは通りにくい。その場合に保証料と利息を支払って「保証協会付融資」を受けるのが一般的。

ちょっとここで1つ質問です。たとえば純ちゃんが金融機関の立場だとしたら、融資の相談に来た人に、あえて自分たちにとってリスクが大きいプロパー融資を勧めますか?

人物アイコン

う〜ん、そもそもプロパー融資というもの自体知らなかったですし、私が金融機関の人間だったら間違いなく「保証協会付融資」を勧めますね。だって大きなリスクを背負いたくないですし。

人物アイコン

そうだよね。融資の現場でも実際そうなんだ。だから「プロパー融資」というものがあること自体知らない経営者が多いんだよ。実は、この「保証協会付融資」から「プロパー融資」への切り替えをいかにスムーズに行うかが、売上を伸ばし、会社を成長させ続けるために重要なポイントであって、同時に多くの経営者がつまずくポイントでもあるんです。

人物アイコン

「保証協会付融資」には借入金の上限が設けられているから、ということでしょうか?

人物アイコン

そうだね。たとえばここに、売上がおおよそ3億円位、保証協会付融資での借入残高が8,000万円位、日本政策金融公庫という政府系金融機関からの借入が2,000万円位あったとしよう。この会社を見て何か財務的に問題だと思うポイントはあるかい?

人物アイコン

う〜ん。もうこれ以上保証協会付融資で借りれないということぐらいですかね…。

人物アイコン

確かにそれもある。ただ、ここで問題だと感じなければいけないポイントは実は別にあるんだ。見た目上はわかりづらい、財務の潜在的な問題が実はこの会社にはある。

人物アイコン

どこが問題なのでしょうか?

人物アイコン

いいかい、売上規模が3億円近くになると、多くの経営者に欲が出てくる。これは「もっといけるんじゃないか」という欲だね。もちろん経営者だから欲はあっていいことなんだけど、この売上規模3億円になる頃というのは、経営者に無謀な欲が芽生えてくる頃なんだ。例えば、今までの成功事例とは違ったことをしようとしたり、大きな店舗で違った業態で勝負したいと思ったり、最近流行りの業種で勝負したいと思ったり、とにかくそんな欲が芽生えてくる。それで成功すればいいけれど、それで失敗するとこの会社はどうなるかな?

人物アイコン

業績悪化…最悪の場合は倒産ですかね…。

人物アイコン

そうだね。保証協会でもうすでに8,000万円の上限一杯までの融資を受けている上で、事業投資に失敗するわけだから、一気に資金繰りが悪くなってくるよね。もし純ちゃんがこの経営者の立場だったら次にどうするかな?

人物アイコン

銀行に追加で運転資金の融資を受けに行きますね。

人物アイコン

だよね!でも、ここで初めて保証協会付融資に上限があることを知り、追加融資が受けられないことが分かると、一気に資金がショートして倒産してしまうんだ。

人物アイコン

金融機関側はその時に「プロパー融資はいかがですか?」って勧めてくれたりしないんですか?

人物アイコン

そんな資金繰りが悪化して追加融資を求めてきた経営者に金融機関側が自らリスクを被ってまでお金を融資すると思う?

人物アイコン

確かにそうですね。

人物アイコン

だからこそ事前に「保証金付融資」から「プロパー融資」へいかにスムーズに移行させるかが財務の大切なポイントなんです。

人物アイコン

財務のポイントですか?

人物アイコン

財務というのは絶対に会社が潰れないための戦術・戦略ですから、今までと違ったことをするときは、もしこの事業投資が失敗に終わったとしても会社が潰れないような状況を作ってから、行う必要があるということですね。例えば先ほど例に上げた会社も新しい事業投資をする前にしっかりと「プロパー融資」への移行をしてから、行えば何の問題もなかった訳なんです。

人物アイコン

財務って大切なんですね。

人物アイコン

そうですね。会社が潰れてしまっては、全ておしまいですからね。

人物アイコン

POINT!

  • 金融機関は積極的に経営者に「プロパー融資」を勧めない
  • 売上を伸ばし、会社を継続的に拡大させ続けていくためには「保証協会付融資」から「プロパー融資」へのスムーズな移行が大切。
  • 売上3億円規模になると、経営者には無謀な欲が芽生えてきやすくなる。新しい事業投資を行う前には、失敗しても会社が潰れない準備をしておこう。

実は借入金には「保証の仕方」だけではなく「返済期間」によっても「短期借入金」と「長期借入金」の2種類に分けることができます。

人物アイコン

表3,短期借入金と長期借入金の返済期間の違い
借入金の種類 返済の期間
短期借入金 1年未満
長期借入金 1年以上

まだあったんですね!

人物アイコン

ええ。保証と同じぐらい「返済期間」は大切ですよ〜。もう少し頑張ってください。

人物アイコン

はい。頑張ります。

人物アイコン

純ちゃんは借金は早く返した方がいいと思う?それとも長い期間でゆっくり返していった方がいいと思う?

人物アイコン

それは早く返した方がいいに決まってますよ。親にも「借金だけはするな」って何度も言われて育ちましたから!

人物アイコン

そこが個人と法人の違いだね。先日の講義で「財務で一番重要な事」として紹介したのは何でしたか?

人物アイコン

現預金残高ですよね!覚えています。

人物アイコン

そう!借金をしてでも現預金残高を持っておいたほうがいいというお話をしたよね。確かに個人の人が消費者金融からお金を借りる場合には、早く返した方がいいかもしれないけれど、ビジネスでは借金は悪ではない、むしろ今現在使えるお金が無いことの方が悪なんだ。ここはよく頭に焼き付けて置いてね。

人物アイコン

そうでした…(えへへ)

人物アイコン

ではもう1つ質問するよ。現預金残高を多くするためには、借入金の返済期間は短い方がいいでしょうか?それとも長い方がいいでしょうか?

人物アイコン

それは長期返済の方ですよね。月々に返済するお金の額が小さくなりますから。

人物アイコン

正解です。財務的な視点で言うと、借入金の返済期間は長ければ長いほど良いのです。私なんて数千万円の借入をなんと30年以上の返済期間で行っていますよ。

人物アイコン

それってもしかして住宅ローンのことではありませんか?

人物アイコン

そうです。住宅ローンも立派な借入です。でもそれだけ長い返済期間があるので、毎月の返済を意識したことはありません。それくらい長期返済は資金繰りを楽にするんですよ。

人物アイコン

でも、長期返済にすればするほど、支払利息が増えるのではないでしょうか?

人物アイコン

おっ!いいことに気づいたね。支払利息の詳細はまた後日お話しますが、結論から言うと企業にとっては増えてもいいんです。

人物アイコン

えーっ。増えてもいいってどういうことですか?

人物アイコン

企業にとって事業のための借入利息というのは立派な経費になります。要するに支払利息で経営さえ圧迫しなければ、利息は増えてもいいんです。利息が増えるのを恐れて毎月の支払いを多くして、現金が手元に無くなって、経営を圧迫するよりは、数%多くはらったとしても現金を手元に残す。これが財務の基本ですよ!

人物アイコン

とにかく「現金を手元に残す」これが大前提なんですね。

人物アイコン

そうです。しっかり頭に焼き付けてくださいね!また支払利息の話は後日しますが、今日の借入金の講義はここまでです。お疲れ様でした!

人物アイコン

ありがとうございます。

人物アイコン

POINT!

  • 借入金には「返済期間」の長さによって「短期借入金」と「長期借入金」の2種類に分けられる
  • 「短期借入金」は1年未満で返済しなければならない借入金。それ以上の期間で変s内しなければならないのが「長期借入金」になる。
  • 「短期借入金」と「長期借入金」のメリット、デメリット
表4,短期借入金と長期借入金のメリット・デメリット
借入金の種類 メリット デメリット
短期借入金 ・借入審査が通りやすい
・利率が低い
・毎月の返済元金が多い
長期借入金 ・借入審査が通りにくい
・毎月の返済元金が少ない
・短期借入金と比較して、利率が高い
  • 財務の基本は「現金を手元に残す」こと。そのためには「返済期間」は出来る限り長期にした方が資金繰りが楽になる。

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略