税金に関する財務戦略のコラム一覧

カテゴリー: 税金に関する財務戦略の記事一覧

税金は、上がった利益の額に対して国に納めなければならないお金のことです。よく起業したての経営者は「節税だ」と、出すぎてしまった利益を削るために生命保険に加入したり、Webサイトを作成したりして、少しでも利益を削ろうと努力します。むしろそれが良いというのが今の一般的な常識となってきています。

しかし、財務視点から見ると、過度な節税は非常に企業の財務を弱らせるリスクの高いことなのです。

例えば、ある2つの創業したての企業があり、片方は利益体質になるように節税をほとんどせず、しっかりと利益を上げてきた企業です。もう片方は上がった利益のほとんどを節税対策のために削ってきた企業です。この2つの会社が同時に同じ金融機関に融資を依頼した場合、より多くの融資を受けられるのは前者の企業です。

このように過度な節税は、金融機関から「この会社は全然利益が上がっていない経営体質のあまり良くない会社だ」と判断され、あまり積極的な融資が受けられなくなってしまいます。

財務においていかに多くの融資を受けられるかどうかは、現預金残高を維持できるかどうかにも大きく関わってくるため、非常に重要です。

そのため、もうこれ以上企業の成長を止めようという段階までは、より多くの利益をあげ、より多くの融資額を得られるようにしていくことが財務戦略としては重要なのです。

今あげた例だけでも、一般的に知られている経営術と財務視点から見た経営術は大きく違ってきます。

ここでは、そんな税金に関する知識や、財務視点から見た考え方などを分かりやすく解説いたします。

財務でお悩みの経営者へ

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略