前渡金・前払費用(長期前払費用)とは?

みんなの財務|経営者のための情報サイト

財務に強い経理担当育成スクール
2017/03/29

前渡金・前払費用(長期前払費用)とは?

 前渡金は主に仕入の前金支払いで使われます。商品を輸入する時はほとんどの場合で仕入資金を前払いし、コンテナ(船便又は航空便)で輸入されます。そうした輸入仕入れの前金の場合が前渡金です。

 同じ前金なのですが、時間の経過とともに支出の効果が認められるものが前払費用です。
前渡金は商品仕入高(売上原価項目)で処理されるのに対し、前払費用は地代家賃等販売費及び一般管理費で処理されます。

 前払費用的なものなのですが、1年超かけて費用処理されるものが長期前払費用です。代表的なものが保証協会付融資の場合の保証料の経理処理です。
その借入返済期間が5年であれば保証料は5年かけて支払利息等で経費処理されます。
決算書を見て、長期前払費用があれば、保証協会付融資をしているなと感じてください。

財務でお悩みの経営者へ
財務スクール

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略