出資金・投資有価証券とは?

みんなの財務|経営者のための情報サイト

財務に強い経理担当育成スクール
2017/03/29

出資金・投資有価証券とは?

 いずれもどこかの株主になっていますよという勘定科目です。
出資金は信用金庫と思ってください。信用金庫から融資を受ける場合には必ずその信用金庫の株主(正確には出資者といいますが株主と考えてよいです)にならなければなりません。年に一度配当金がもらえます。受取配当金という勘定科目になります。
 なので、出資金という勘定科目が決算書にあれば、信用金庫から借入をしているなと連想し、損益計算書に受取配当金があれば完璧です。
 投資有価証券はその会社がどこかの会社の株主になっている(投資をしている)ということなのですが、そのほとんどはグループ会社と思ってください。
 簡単に言えば、A社の決算書に投資有価証券1000万円(B社)とあれば、B社の資本金が1000万円でその株主がA社ということです。

 銀行はグループ会社に対する投資有価証券勘定には敏感です。なぜならその銀行が融資した運転資金がグループ会社の資本金になっているのではないかと感じるからです。本来の融資の目的から外れているからです。
 運転資金は確かに会社の自由に使っていい融資とはいうものの、基本は事業のために使って欲しいものです。
 銀行はグループ会社が自社で融資を受ける事が出来ないものだから、当社を使って融資を受けその資金をグループ会社に流したな(これを迂回融資といいルール違反の融資です)と思われるからです。
 よって今後の調達が厳しくなりますし、常にグループ会社の決算書・試算表を求められてしまいます。

関連記事

財務でお悩みの経営者へ
財務スクール

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略