講師の湯原からのメッセージ

みんなの財務|経営者のための情報サイト

財務に強い経理担当育成スクール
2017/04/19

講師の湯原からのメッセージ

keywords

中小企業経営者が真の財務戦略に触れ、理解し、行動し、成果を出し、仲間の経営者に伝えていただく。
この財務サイクルをどのように創造していけばよいかを考え続けた結果、みんなの財務~中小企業のCFO~開設に辿り着きました。
当サイトでは財務戦略の基礎となる決算書の在り方に力を注ぎました。

これまで十数年と税理士として、何百・何千の決算書・試算表を見てきました。決算書・試算表を見ると会社の姿勢が分かります。経営者の姿勢が分かります。
ほとんどと言っていい決算書が節税を中心とした税金計算目的の決算書になっています。決算書は会社を表します。この会社のどこが病んでいるのか?どこにしわ寄せがきているのか?私は内科のドクターの様にそのおかしなところが分かります。数字が語りかけてくるんですね。
逆にこうした方がいいのに、この方が正しい会社の実態を表していると思うのだが残念だという決算書も数多く見てきました。
おそらく経営者の財務の知識と視点が無く、税金計算は顧問税理士に丸投げとなっているからだと感じます。

そこで当サイトでは、決算書の各項目の財務的視点での正しい考え方を中心にコラムをまとめました。これを読むだけでも財務的視点の決算にかなり近づくのではないでしょうか?
また、みんなの財務スクール~中小企業のCFO~を開催し、なぜ財務が必要なのか?財務の基本的な考え方はどうなっているのか?金融機関に対する資金調達方法のイロハ(おそらくここが最も知りたいはず)もお伝えいたします。
会社の財務は経営者が学び、ナンバー2が学び、各事業責任者が学び、会社全体が財務戦略企業として成長する必要があります。そのためのノウハウを全て公開致します。

みんなの財務スクール~中小企業のCFO~は形だけのスクールではありません。
そのノウハウが全て財務戦略の現場に直結するものばかりです。
参加した皆様にノウハウが蓄積するような仕組みになっております。
これまで百数十社の財務顧問の財務戦略を一手に引き受け、あらゆる業種・業態・規模の企業の財務戦略立案に立ち合った実績は何物にも代えがたい財産です。
その財産をこのみんなの財務スクール~中小企業のCFO~を通じて得ていただければ講師冥利に尽きるというものです。
そして、このスクールを通じて財務戦略のノウハウを得、実践し、成果を出されたのであれば、是非周りにいる経営者仲間にスクールの良さを伝えていただくことが、望外の喜びと言いたいところですが、そこが真の狙いです!

このサイト開設・スクール開催にあたっては、多くの各分野の専門家経営者集団のお力をお借りしてきました。
自然発生的に集まり、失意のどん底にいた私を励まし、勇気を与えてくれました。
私を知っている方ならご存知でしょう。
私がこんなサイトを作れますか?私がこんな似顔絵を描けますか?私がスクール会場の予約を取れますか?数え上げればきりがありません。
私ひとりでは絶対に(断言できる!)不可能なことが、この数カ月で実現できました。
不死鳥のように蘇った(大袈裟ですね)私の財務スクールにご期待ください!

みんなの財務スクール~中小企業のCFO~
講師 湯原 重之

財務でお悩みの経営者へ
財務スクール

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略