Q 会社が成長し始め出資したいと言われたのですが、銀行から借りるのとどっちがいいんですか?

Q&A

2017/06/28

財務に困っている経営者からの質問

Q 会社が成長し始め出資したいと言われたのですが、銀行から借りるのとどっちがいいんですか?
Q 会社が成長し始め出資したいと言われたのですが、銀行から借りるのとどっちがいいんですか?

財務のプロ 中田先生の回答

財務のプロ 中田先生

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント中田
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A  出資を受けることと銀行から借りることは、会社に資金が入ってくるという点では同じですが、両者は全く異なるものです。

出資を受けるとは会社が新株を発行してその株式を引受けてもらう(株式を買ってもらう)ことになりますので、会社に対する発言等経営に関与してくる場合があります。また会社が毎期成長して企業価値が高くなってくると株式は平等にその価値が上がります。また経営判断にスピード感を出そうと株式の買取りを申し出た場合に想定外に高額な買取り金額を株主から提示される場合があります。よって出資に応じる場合には出資者と明確なビジネスシナジー(相乗効果)が見込め、IPO(株式公開)するんだ、若しくはM&Aで株式譲渡するんだといった計画がないと思わぬトラブルになりかねません。

一方、銀行からの借入は融資ですので、借りた資金を約束された期間において支払利息を付けて返済すればよいだけです。財務的視点に立って、節税に走らない決算に心掛ければ、創業から3年で数千万円から1億円の資金調達も可能です。

どちらが良い悪いではありませんが、メリットデメリットを良く理解したうえで、判断していただきたいものです。

融資に関する財務戦略はことらのページにまとまっています。

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略