Q 創業しようと思っていますが個人事業主で始めるのか株式会社にするのか迷っています。どちらがいいんですか?

Q&A

2017/06/29

財務に困っている経営者からの質問

Q 創業しようと思っていますが個人事業主で始めるのか株式会社にするのか迷っています。どちらがいいんですか?
Q 創業しようと思っていますが個人事業主で始めるのか株式会社にするのか迷っています。どちらがいいんですか?

財務のプロ 中田先生の回答

財務のプロ 中田先生

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント中田
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A  財務視点での成長を考えると、株式会社で創業した方がメリットがあります。

よく聞く話としては、個人事業主で創業して消費税の免除を受け、消費税の免除を受けられなくなった段階で株式会社を設立するって話があります。

 

消費税が免除されることは間違いないです。

しかし現実的にはどれくらいの金額の消費税が免除されるのでしょうか?計画等を立てて計算してみてください。

逆に最初から株式会社を設立しても、一定の条件を満たせば消費税が免除されます。

これに関しては個人事業主から株式会社に移行しても同様に免除されるので両者に差はないでしょう。

しかし個人事業主よりも株式会社の方が財務的に金融機関からの資金調達はしやすい傾向にあります。個人の場合はどうしても個人的生活の部分があるから融資した資金が全て事業のために使われるとは限らないという懸念があるのかもしれません。

となると、将来の会社の成長を考えると1年でも早く株式会社にして事業実績と銀行との取引実績を作っていった方が良いといえます。

その場合、個人事業主時代の消費税の免除金額を優先するか、株式会社として成長した最後の1-2年間の売上・利益を優先するかといった選択になるかと思います。

一個人としての人生は同じだからです。

そうした大きな、俯瞰的な観点からいえば、株式会社から始められた方がよいと思います。

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略