Q 開業2年目、売上も月商400万に伸びてきました。役員報酬をたくさんとりたいのですが。。。

みんなの財務|経営者のための情報サイト

財務に強い経理担当育成スクール

Q&A

2017/07/01

財務に困っている経営者からの質問

Q 開業2年目、売上も月商400万に伸びてきました。役員報酬をたくさんとりたいのですが。。。
Q 開業2年目、売上も月商400万に伸びてきました。役員報酬をたくさんとりたいのですが。。。

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A  売上が順調に伸びてきたので役員報酬をたくさん取りたい・・・経営者として最もモチベーションが上がるところですよね。

しかし役員報酬は会社にとっての経費になりますので、たくさんの役員報酬を取るということは、それだけたくさんの経費が計上される=たくさんの利益が減少するということになります。

よって大切なポイントは、たくさんの役員報酬を取ってもしっかりとした会社利益を残すことが出来るかというものです。

しっかりとした利益っていったいいくらなのでしょう?

そこには会社の売上総利益率と税引前利益率とのバランスがポイントです。

このバランスを維持できるのであれば、そこまでの役員報酬を上げていただいても何ら問題はありません。

とはいうものの一般的に役員報酬はその期が始まった段階で決定し、途中において増減させることはできません。

なので、今期どのような売上、利益を上げられる。だからこれだけの役員報酬に上げても、しっかりとした利益を残せるといった事業計画書、利益計画書がなければ本来は役員報酬を決めることはできないのです。

財務でお悩みの経営者へ
財務スクール

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略