Q 年商3億円、利益が出てきたので妻を役員にして節税しようと考えています。どれぐらいの報酬が適正ですか?

Q&A

2017/07/06

財務に困っている経営者からの質問

Q 年商3億円、利益が出てきたので妻を役員にして節税しようと考えています。どれぐらいの報酬が適正ですか?
Q 年商3億円、利益が出てきたので妻を役員にして節税しようと考えています。どれぐらいの報酬が適正ですか?

財務のプロ 中田先生の回答

財務のプロ 中田先生

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント中田
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A  年商3億円ということはそろそろ事業を本格的に成長、拡大させようかというタイミングではないでしょうか。逆に言うと今回ご質問にあるように利益も出てきて何か節税的なことはないかなと考えだすタイミングでもありますね。
今回のように節税として妻を役員にして・・・という相談はよくあるのですが、そもそも妻は会社事業にどれほど関わっているのでしょうか?名目上の役員にしかならないのであれば、そもそも役員→高額報酬→節税というスキームは成り立ちませんのでご注意ください。
さて、税務的なことはさておき財務目線で回答しますと、利益が出てきたので何かしらの節税を考えるより、その利益から出た納税という結果をもって、更に会社を成長させるための資金を金融機関から良い条件で調達するという発想はどうでしょうか?
節税は結果として手元現預金を最も減少させます。節税をしない納税は結果として手元現預金が最も残します。しかも調達において良い条件提示を受けます。
良い条件とは、協会付融資ではなくプロパー融資であり、返済期間も3年ではなく5年以上、金額もより多く、利率も低くなるでしょう。
誤解を恐れずに経験則で回答しますと、ご質問の役員報酬の適正額はせいぜい月額5万円位で、10万円もいきませんよ。
経営目線を財務に切り替えていきましょう。

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略