Q 個人で1000万貯めました、会社設立時の資本金はいくらが最適でしょうか?

Q&A

2017/07/06

財務に困っている経営者からの質問

Q 個人で1000万貯めました、会社設立時の資本金はいくらが最適でしょうか?
Q 個人で1000万貯めました、会社設立時の資本金はいくらが最適でしょうか?

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A  1000万円貯めましたか!おめでとうございます。

会社設立時の資本金の質問ですが、資本金1000万円未満で会社を設立すると、設立当初は消費税が免除される関係から、資本金を900万円で設立される方が多いように感じます。

しかしその視点だけでの資本金決定は危険を伴います。

 

今後会社を設立したらどのような事業をされる予定でしょうか?

設立1期目の売上予測は、仕入(売上原価)は、人件費・地代家賃・旅費交通費・接待交際費・その他経費といった販管費はいくらくらいかかるでしょうか?

結果、1期目は黒字になりそうでしょうか?赤字になりそうでしょうか?

青色申告をしていれば赤字になっても繰越欠損という制度で来期以降に黒字になれば相殺してくれるって安易なものではありません。

その黒字化前に会社が倒産してしまえば元も子もないからです。現にそうして倒産した会社が数多くあります。

 

何が原因で赤字になるのでしょうか?多くは経費のかけ過ぎ→人件費(特に役員報酬)が高いことです。

よってまずは設立1期目の事業計画、利益計画を立てて、赤字にならないように経営者として自分にコミットする。役員報酬によって赤字になりそうなのであれば、1期目は役員報酬を取らなくても生活できるように手元資金(自己資金:今回は1000万円)のうちから1年分の生活費を残して、会社設立の資本金を決める。

といった手順を踏めばよいのではないでしょうか?

とにかく赤字決算や資本金以上の赤字決算(債務超過といいます)は絶対に避けなければなりません。

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略