Q 取引先銀行から当座貸越を勧められました。財務戦略上のメリットデメリットを教えていただけますか?

みんなの財務|経営者のための情報サイト

Q&A

2017/09/22

財務に困っている経営者からの質問

Q 取引先銀行から当座貸越を勧められました。財務戦略上のメリットデメリットを教えていただけますか?
Q 取引先銀行から当座貸越を勧められました。財務戦略上のメリットデメリットを教えていただけますか?

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 当座貸越契約をすれば、契約金額の枠までは特段の審査がなく融資を実行してもらえます。また毎月の元金返済も不要です。

しかし契約によりますが、6ヶ月毎に試算表や決算報告書の提出が必要で、その時の財務状況によっては契約終了となります。契約が更新されないということです。

契約が更新されないとなると、当然のことながらその時点で借入をしていた金額を全額一括返済しなければならなくなります。

通常の毎月返済がある証書貸付との最大の違いです。

こうしたメリット・デメリットをよく理解したうえで当座貸越契約をしましょう。

当座貸越は打ち出の小槌のように言われます。経営は何が起きるか分かりません。突然の更新打ち切りの場合に備えられるまではデメリットの方が大きいとも言われます。

財務でお悩みの経営者へ

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略