Q 融資を複数行にお願いしたい際に、定期預金、定期積金の依頼を受けました。注意点などはございますでしょうか?

Q&A

2017/09/22

財務に困っている経営者からの質問

Q 融資を複数行にお願いしたい際に、定期預金、定期積金の依頼を受けました。注意点などはございますでしょうか?
Q 融資を複数行にお願いしたい際に、定期預金、定期積金の依頼を受けました。注意点などはございますでしょうか?

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 確認しておきたいポイントはその定期預金や定期積金が担保になっているか否かです。金融機関が融資を実行する際に重要視しているポイントは確実に返済してもらえるかどうかの信用度合(与信といいます)です。

与信が低いと保証協会付になりますし、返済期間が短期になり、利率も高くなります。当然と言えば当然ですよね。

それ以外にも与信を高めようとするものとして、定期預金や定期積金をお願いしてくるのです。

よって、その定期預金や定期積金が担保になると完済まで自由に使えませんし、担保でなければ単なる協力(お願い)になります。

担保でなければ積極的に協力してあげれば、今後の取引が有利になっていきます。

また定期預金等の金額目安ですが、借入金額の30%で問題ないでしょう。

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略