Q 起業予定で融資を活用したいです。日本政策金融公庫や信用金庫など金融機関の種類がたくさんあります。最初はどこから当たるのがよいでしょうか?

みんなの財務|経営者のための情報サイト

Q&A

2017/10/11

財務に困っている経営者からの質問

Q 起業予定で融資を活用したいです。日本政策金融公庫や信用金庫など金融機関の種類がたくさんあります。最初はどこから当たるのがよいでしょうか?
Q 起業予定で融資を活用したいです。日本政策金融公庫や信用金庫など金融機関の種類がたくさんあります。最初はどこから当たるのがよいでしょうか?

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 創業融資の相談であれば、日本政策金融公庫(国民生活事業)、保証協会付融資という順番をお勧めしています。

しかし日本政策金融公庫は通帳をもたない金融機関になるので、融資金額の実行及び返済のために金融機関の通帳が必要になります。その通帳をもつために信用金庫の窓口で通帳作成をすることになります。

またその信用金庫をどこにするかということが重要なのですが、日本政策金融公庫からの融資の後にその信用金を通じて保証協会付融資を受けることになります。

更にはその保証協会付融資の後にプロパー融資を受けたいものです。

よって、最初に通帳口座を作成する信用金庫は、将来プロパー融資に対応してもらえる金融機関でなければなりません。

金融機関の選択ってそれほど重要なものなんですね。

日本政策金融公庫は融資実行の際に差し引かれるものとしては、振込手数料と団体生命保険料(任意)だけです。

保証協会付融資の場合は保証料を無視することは出来ません。なので設備資金のように運転資金と比べ大きな金額になる融資の場合は日本政策金融公庫を選択するようにしましょう。

財務でお悩みの経営者へ

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略