Q 現在2期目、決算では500万の純利益が出せました。プロパー融資は交渉の余地はありますか?資本金は300万円です。

みんなの財務|経営者のための情報サイト

財務に強い経理担当育成スクール

Q&A

2017/10/11

財務に困っている経営者からの質問

Q 現在2期目、決算では500万の純利益が出せました。プロパー融資は交渉の余地はありますか?資本金は300万円です。
Q 現在2期目、決算では500万の純利益が出せました。プロパー融資は交渉の余地はありますか?資本金は300万円です。

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 純利益ということは税引前利益から法人税等を差引いた金額ということですね。年間のキャッシュフローで考えるとこれに減価償却等の償却費関係を加算したものになります。

融資の場合で考えるとひとつの目安として、上記の年間キャッシュフローの10年分というものがあります。しかし創業5期未満の場合は倒産確率が高いために通常の融資可能金額よりも減額される可能性が高くなりますし、ご質問の様なプロパー融資をいきなり出してもらえるかと言えばかなりハードルは高いでしょう。

まずは保証協会融資を第1期目、2期目に実行して、1年以上の返済実績を作っているか?融資を受けた金融機関に対して信用を高めるために定期預金や定期積金及び期中にある程度の普通預金残高をキープしているかといったところもプロパー融資に前向きになってもらうためにも重要なポイントです。

また純利益500万円も大切なのですが、売上高はいくらだったでしょうか?売上高1億円の会社と3000万円の会社とでは純利益500万円の重みも違ってきます。

資本金は会社の体力になります。300万円との事ですが、そのままでよいかも検討しなければなりません。500万円、1000万円、2000万円と上げていく計画も必要でしょう。

いずれにしてもご質問にあるように、第2期目が終わり、3期目に入る段階でプロパー融資実行を検討する場合には、それまでの2期でどれだけの財務戦略を行っていたかによります。率直にいえば、かなり難しい状況と言えるでしょう。

財務でお悩みの経営者へ
財務スクール

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略