Q 一緒に会社を作ろうと誘われシナジーがあるので出資します。法人で出資するのと、私個人で出資するのと、どちらが良いですか?

Q&A

2017/10/11

財務に困っている経営者からの質問

Q 一緒に会社を作ろうと誘われシナジーがあるので出資します。法人で出資するのと、私個人で出資するのと、どちらが良いですか?
Q 一緒に会社を作ろうと誘われシナジーがあるので出資します。法人で出資するのと、私個人で出資するのと、どちらが良いですか?

財務のプロ 中田先生の回答

財務のプロ 中田先生

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント中田
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 中小企業の財務戦略においては個人での出資をお勧めします。法人で出資をして、会社の財務諸表に投資有価証券という勘定科目が載っているのをよく見かけます。

こうした状況で融資をしようと決算書を金融機関に提出した際に、投資有価証券の内容と出資した会社の決算報告書を提出してくださいと言われます。

仮に出資した金額が1000万円だったとします。

出資先の会社の決算報告書で資本金が2000万円、繰越利益剰余金がマイナス1000万円超2000万円以下だとすると債務超過ではありませんが、当初の資本金額の50%超割り込んでいますね。

このような場合には御社の投資有価証券1000万円は500万円の価値しかないと判断されて、500万円は損失とみなされます。

更にいうと出資先の会社が債務超過だったりすると、御社の投資有価証券1000万円は価値がない(0円評価)として1000万円全額損失とみなされます。

その結果、御社の資産超過額が400万円だったとしても、実質債務超過と判断されかねません。

このように会社の資金を使って出資(投資)をするということは非常に慎重に考えなければならないことです。

投資の失敗が経営の失敗に直結します。

カテゴリー一覧

財務ナビ おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

財務ナビに寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ中田がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略