Q 自己資本比率は高い方がよいのでしょうか?

Q&A

2017/10/20

財務に困っている経営者からの質問

Q 自己資本比率は高い方がよいのでしょうか?
Q 自己資本比率は高い方がよいのでしょうか?

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 自己資本比率は高い方がいいに決まっている!って本当なのかなと感じます。

資本金300万円で創業した。このときの自己資本比率は100%です。

それでは1700万円調達をして、普通預金2000万円・借入金1700万円・資本金300万円の時に自己資本比率は15%です。

預金残高300万円と2000万円・・・どちらが安心して経営できるでしょうか?倒産リスクが低いでしょうか?

この借入が9700万円だったら、自己資本比率は3%です。しかし預金残高は1億円です。

自己資本比率は%なので数字のマジックのようなものです。預金残高はリアルな残高です。

健全経営を心掛けようと思えば、まず取り組むべきは高いキャッシュポジションを築くことです。

自己資本比率で一喜一憂することの内容にお願いします。湯原の経験上、自己資本比率を気にするようにするのは総資産5億円を超えてくるころからでしょうか。

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略