Q 銀行融資の借入期間は長ければ長いほど良いのでしょうか?

Q&A

2017/12/01

財務に困っている経営者からの質問

Q 銀行融資の借入期間は長ければ長いほど良いのでしょうか?
Q 銀行融資の借入期間は長ければ長いほど良いのでしょうか?

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A 財務の基本は高いキャッシュポジションを築き、維持することで絶対に潰れない、存続し続ける会社を作ることです。
そのためには資金繰りをマネジメントすることが大切です。
資金繰りをマネジメントする基本的な考え方は入ってくる資金よりも出ていく資金を少なくするということです。
借入金は負債なのでどうしても早く返済して負債を軽くしようと思われがちですが、早く返済しよう(返済期間を短くしよう)とすればするほど、毎月の返済元金は大きくなり、出ていく資金が大きくなってしまいます。
この考え方は財務戦略、特に経営基盤が盤石とはいえない中小企業経営にとっては致命的な誤りと言えます。
中小企業であればあるほど、不測の事態に対する抵抗力が弱いので、しっかりとした現預金残高を維持することでその抵抗力を高める必要があります。
借入金でいえば、返済期間を出来るだけ長くして、長期的にキャッシュポジションを高くしておきましょう。

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略