Q 銀行に融資のお願いに行こうと思うのですが、同じ銀行であればどの支店に相談に行っても構わないのでしょうか?みんなの財務Q&A

Q&A

2017/05/22

財務に困っている経営者からの質問

Q 銀行に融資のお願いに行こうと思うのですが、同じ銀行であればどの支店に相談に行っても構わないのでしょうか?みんなの財務Q&A
Q 銀行に融資のお願いに行こうと思うのですが、同じ銀行であればどの支店に相談に行っても構わないのでしょうか?みんなの財務Q&A

財務のプロ 湯原先生の回答

湯原重之

株式会社財務のプロ 取締役/財務コンサルタント湯原重之
2004年より、某財務コンサルタント会社にて代表取締役社長でありながら、最前線の財務コンサルタントかつ税理士として、百数十社のクライアント企業を対応。年間延べ700件超の財務戦略立案、金融機関と年間延べ1,500回超の資金調達対応を実施。2017年1月、財務のプロを設立。

A どの支店でも同じ対応という訳ではありませんのでダメです!
支店選びは慎重に行いましょう。

金融機関には多くの支店があります。それは効率よく市場をカバーするためで、皆さんが事業を展開する時に考えることと同じです。しかし市場規模によってその支店の人員や人材の能力及び決裁権も変わってきます。
極論いえば、配属される支店長の力が違うという事です。

プロパー融資を積極的に出す支店とそうでない支店があることはこれまで多くの場面を見てきた経験上事実です。事実、現場の融資担当者が、「今度のうちの支店長はとてもアクティブ(=プロパー融資に前向き)です。是非・・・」なんて会話をよく聞きます。

それでは中小企業の経営者としてはどのような対応をすればよいのでしょうか?

まず最初の接点が重要になります。
金融機関に融資の相談に行って、融資担当者が現れる。なぜ融資が必要なのかといった話をして、前期の決算書をその融資担当者に渡す・・・

はい!終了~!!
その時点で皆さんのその金融機関での担当支店が決定しました!!??

金融機関では皆さんからお預りした決算書を基に、支店にあるシステムで「お客様登録」をします。病院や美容室のカルテと何ら変わりません。
そうして、この企業様はうちの支店のお客様だからね。他の支店に相談に行ったからといって取っちゃダメですよ、他支店に対するメッセージを送ることになります。

もしその支店がプロパー融資に後ろ向きな支店だったら・・・終了~!!!です。

安易に新規金融機関の支店で決算書を提出するという行為は非常に危険なのです。

支店選びは今後のプロパー融資を前提に選びましょう。そのために出てきた融資担当者に「貴支店はプロパー融資に前向きですか?」と率直に聞いてみましょう。いきなり聞くとドン引きされますからそのタイミングには注意を要しますが、聞くことに対しては何の抵抗もありません。融資関係に詳しい経営者だなと好印象をもってもらえるはずです。逆になんでそんなことを聞かれるのですか?という反応の融資担当者であれば黄色信号→赤信号ですね!

もっと効率的な支店選びは、その支店がプロパー融資を実行しているかどうかの情報を事前に得ておいて訪問することです。
ちなみに、湯原重之の実践的最強財務サロンではプロパー融資金融機関とその支店の情報を公開しています。この機会に是非サロンへご入会下さい。

同じ金融機関でも支店によってその対応は異なります。決算書の提出で担当支店が決まってしまいますので、ご注意ください!

それでは引続き、みんなの財務Q&Aをお楽しみに。

カテゴリー一覧

みんなの財務 おすすめ記事

  1. 自己資本比率の目安とは?

  2. 投資回収期間はどれくらいが適切?

  3. 売上高と利益は一体どちらが重要なの?

  4. 売上規模に合わせた資本金・自己資本比率の考え方

  5. 潰れにくい会社を作る!必要な最低現金預金残高はいくら?

教えて!QA

みんなの財務に寄せられた経営者からの実際の質問に財務のプロ湯原がお答えいたします。かなり具体的な個別ケースが出ておりますので、ぜひ参考にしてみてください

話題のキーワード

売上 現預金残高 売上高 短期貸付金 自己資本比率 債務超過 売上3億円超の財務戦略 保証協会付融資 創業融資 資金調達 資本金 創業時の財務戦略 プロパー融資 融資 基本の財務戦略